« 加古川 ニッケ社宅 | トップページ | 明石 魚住 瑞雲寺 »

2013年1月 4日 (金)

神戸 布引 滝山城址

随分間が開いてしまいましたが、10月に布引の滝を見てからさらに山を登ると、こんな吊り橋がありました。

24_10_10

かずら橋風に造られていますが、実際にはこんなしっかりした橋です。

24_10_2

人の多い市ケ原への道から外れ、橋を渡るとこんな山道が続きます。

24_10_1

険しい坂道を登り、布引ハーブ園に行くロープウェイの真下を過ぎてしばらくすると

24_10_2_2

なだらかなところに到着 案内板には滝山城址と表示されています。

24_10_3

城といっても、石垣や櫓などはなく、ただ広場だけのように見えますが、よくみると曲輪、堀切、土塁などが残っているようです。
南北朝時代の赤松氏、戦国時代には松永久秀が城主となっていたそうです。

24_10_4

一番高いところが316.5m、布引の滝から再度公園に行く途中にあるんですが、人気のあるルートから外れるため、ほとんど訪れる人がいません。

24_10_5

立派な石碑もあり、戦国時代の姿がそのまま残っている城址なんですが、あまり顧みられていない史跡なので、もっと多くの人に行ってもらいたいですね。

24_10_6

« 加古川 ニッケ社宅 | トップページ | 明石 魚住 瑞雲寺 »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸 布引 滝山城址:

« 加古川 ニッケ社宅 | トップページ | 明石 魚住 瑞雲寺 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ