« 西区 雌岡山あたり | トップページ | 高砂 高御位山への道中 »

2013年11月14日 (木)

高砂 鹿嶋神社

自宅のある明石から近いところにある山行きシリーズ
10月末に西方面、高砂市にある高御位山へ行ってきました。

今回は片道20kmぐらいと、かなり距離があるため自転車で出かけることに
明姫幹線(国道250号線)を黙々とママチャリを漕いでいる途中、加古川にある用水路にこんな古い橋が掛かっていましたので、休憩がてら写真を撮ってみました。

25_10_1_2

そこから小1時間走り、ようやく鹿嶋神社に到着
この大鳥居はチタン製、高さ26mで塗装をしていないため、遠くからでも輝いてよく目立ちます。

25_10_1_3

播磨国の国分寺の鎮守社として奈良時代に創建されたとのことです。

25_10_2_2

参道には土産物屋が何軒もありますが、かしわ餅を売っている店が多かったですね。

25_10_3_2

高砂市のHPを見てみると、この周辺では昔から良質のもち米が取れ、かしわ餅を作って神社に奉納していたことから、現在でもかしわ餅が名物となっているそうです。

25_10_4_2

高御位山などがある岩山の麓が境内になっています。

25_10_5_2

静かで落ち着いた雰囲気の参道を通り

25_10_6_2

この階段を上がれば境内になります。

25_10_7_2

初詣で賑わう神社にしては意外に小さな境内で、大きな建物はこちらの御祈祷殿ぐらいしかありません。

25_10_8_2

一願成就のご利益があり、合格祈願のお参りに来ている人が多いようで、祈祷殿の周りを回りながらお願いをしてはりました。

25_10_9

小さな祠は沢山あり、その前には御灯明舎や御香炉舎になっていました。
高御位山への登山道は↓の左に見える鳥居を通ったところにあります。

25_10_10

ここからは山登りになりますが、長くなりますので次の記事で紹介させていただきます。

« 西区 雌岡山あたり | トップページ | 高砂 高御位山への道中 »

寺・神社」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高砂 鹿嶋神社:

« 西区 雌岡山あたり | トップページ | 高砂 高御位山への道中 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ