« 柳原えびすから尼崎まで | トップページ | 和歌山 鳴神あたりの町並み »

2014年1月13日 (月)

尼崎 杭瀬あたり

尼崎では戎湯に浸かるつもりでしたが、風邪が悪化しそうでしたので断念
時間がありますので、阪神尼崎駅から杭瀬駅までブラブラと歩いていきました。
途中、大物駅の東側にあった木原酒店、こちらも立ち呑みができるお店でしたね。

26_1_1_3

杭瀬駅の北西には、震災後、神戸では見られなくなってしまった懐かしい飲み屋街がありました。

26_1_8

そして、昭和そのものの商店街

26_1_9

兵庫県の中の大阪、尼崎らしい雰囲気が感じられます。

26_1_10

そんな一角に、今回の目的の一つである「魚立呑み いそかわ」があります。

26_1_2_3

店頭に書かれていた、ほうぼうの刺身(280円)
骨が大きく、身が少ないためか、日本海側では安く売られていますが、なかなか美味しい魚です。
瀬戸内側では珍しいんですが、常連の方はよくご存じで、皆さん注文してはりました。

26_1_3_2

地酒を2杯(雪の茅舎、米百俵、各280円)いただき、なめろう(250円)を追加
魚立呑みを名乗るだけあって、新鮮でおいしかったですね。

26_1_4_2

次に向ったのが1/2(はんぶんこ)

26_1_5_2

尼米蒲鉾店の半分を立呑みスペースにしたお店で、販売している蒲鉾や天ぷらもこちらで食べることができます。
ということで、いか天(130円)を炙ってもらって、ニラとじ(180円)をアテに越乃寒梅(280円)をいただいた後

26_1_6_2

もう一杯、大黒正宗の黒(280円)と、その酒粕で作った具だくさんの粕汁(200円)をいただきました。

26_1_7

2軒で十分楽しんで2,000円ちょっと
いや~ 満足させていただきました。

« 柳原えびすから尼崎まで | トップページ | 和歌山 鳴神あたりの町並み »

立ち呑み」カテゴリの記事

街並み」カテゴリの記事

コメント

いそかわさん

コメントいただきありがとうございます。
先日はおいしい料理とお酒をいただきありがとうございました。

何も名乗っていなかったんですが、ブログを探していただいたうえご連絡までいただき感謝しています。
改めて自己紹介、と~じと申します、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、ご連絡いただいた傘ですが、当日は雨が降っていなかったので、私のものではないと思いますが、お気づかいいただいたことに重ねて感謝いたします。

ご主人に奥さん、常連のお客さんもフレンドリーで本当にいいお店ですね。
頻繁に行くことはできませんが、また行った時にはよろしくお願いいたします。

遠方からのご来店 ありがとうございました 
お礼が遅れて申し訳ございません
で・・・
もしかして 傘をお忘れではなかったでしょうか?

ENTERPRISEさん

杭瀬、私は初めてでしたが、いいところですね。
尼崎そのものが、これまであまり縁がないところだったんですが、最近は私の好きな場所の一つになっています。

今回紹介したお店は、新しく開店したところのようですから、以前、仕事をしていた時にはなかった・・・ということで、ご了解願います。

こんばんは。

実は現在の当地勤務前、

私の勤務先は弊社大阪支店で、それは杭瀬にあったのです(笑

が、通勤がJRだったので商店街にはあまり行かず終い。(日中業務上銀行に行ってた程度です)

いま考えると勿体ない事をしたな。と(汗


ENTEPRISE Out

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎 杭瀬あたり:

« 柳原えびすから尼崎まで | トップページ | 和歌山 鳴神あたりの町並み »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ