« 久しぶりの高御位山 | トップページ | 神戸 旧新港貿易会館 »

2015年5月24日 (日)

播州の麦秋

5月も下旬となり、播州地方で栽培が盛んな麦の収穫季節となってきました。
稲のように黄金色になり、まるで秋のような景色となることから麦秋と呼ばれています。

27_5_23_1

土曜日に見に行った稲美町では、主に麦茶用の六条大麦が作付されており、梅雨を前に収穫が始まっていました。

27_5_23_2

大麦はノギの長さが長いのが特徴

27_5_23_3

収穫の終わったほ場の横では、稲の苗が育てられているように、季節は夏に移りつつあります。

27_5_23_4

今日は加古川市志方地区に行って小麦を見てきました。

27_5_24_1

この辺りは一面が麦畑となっています。

27_5_24_2

収穫はこれからですが

27_5_24_3

大麦と比べると小麦はノギが短いのがよくわかりますね。

27_5_24_4

違いを調べてみると、茎の長さや実の大きさなどはほとんど変わらないそうです。
また、含まれているタンパク質が、小麦は粘りのあるグルテンですが、大麦は粘りのないホルデインなので、小麦はパンや麺に利用され、大麦は麦ごはんやビール、麦茶などに利用されます。
私もちょっとは賢くなったでしょうか?

« 久しぶりの高御位山 | トップページ | 神戸 旧新港貿易会館 »

風景」カテゴリの記事

兵庫百景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播州の麦秋:

« 久しぶりの高御位山 | トップページ | 神戸 旧新港貿易会館 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ