« 滋賀 近江八幡 ヴォーリズ建築 1 | トップページ | 明石の梅 »

2016年1月31日 (日)

滋賀 近江八幡 ヴォーリズ建築 2

近江八幡のヴォーリズ建築の続きです。
八幡小学校近くにある池田町洋風住宅街は、大正期に手がけられた初期の作品群で

27_1_45

赤レンガの塀に囲まれた

27_1_46

アメリカ開拓時代を象徴するコロニアルスタイルの建物が並んでいます。

27_1_47

写真の吉田邸などの建物は現在も住宅として利用されており、内部を見ることはできませんが

27_1_48

木々の間から見える味わいのある建物の外観は

27_1_49

それだけでも満足できるものです。

27_1_50

ウォーターハウス記念館に

27_1_51

ダブルハウスと呼ばれる二世帯住宅

27_1_52

和洋折衷の建物にもヴォーリズらしさが感じられる煙突がありました。

27_1_53

ヴォーリズの自宅もこの一角にあったのですが、現在は取り壊され

27_1_54

残っているヴォーリズ作品は紹介した3軒だけ、すべてが残っていれば、すばらしい光景だったのでしょうね。

27_1_55

次は、八幡堀の南東の住宅街の中にある一柳記念館(通称ヴォーリズ記念館)

27_1_56

昭和6年(1931年)に幼稚園の教師寄宿舎として設計され

27_1_57

ヴォーリズの自宅としても使用された建物

27_1_58

一見和風にも見えますが、下見板張り、暖炉の煙突などに洋風らしさが感じられました。
内部の見学も可能(要予約)ですので、次回は予約して行ってみることにします。

27_1_59

長くなりましたが、近江八幡の町並みの紹介はこれで終わらせていただきます。

« 滋賀 近江八幡 ヴォーリズ建築 1 | トップページ | 明石の梅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀 近江八幡 ヴォーリズ建築 2:

« 滋賀 近江八幡 ヴォーリズ建築 1 | トップページ | 明石の梅 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ