« 大阪 オペラドメーヌ高麗橋ほか | トップページ | 加古川市立加古川図書館 »

2017年10月22日 (日)

大阪 生駒ビルヂングほか

久しぶりの更新となります。
大阪の建物の続きですが、北浜界隈にも行ってきました。
大阪高麗橋野村ビルディングは昭和2年(1927年)に建築された鉄骨鉄筋コンクリート造り、地上5階建てだったのですが、戦後に6、7階を増築したそうです。

27_9_1

新井ビルは大正11年(1922年)に銀行として建てられたもの(国登録有形文化財)
現在は事務所や店舗などのテナントビルとして使われていますが、重厚な雰囲気がたまりませんね。

27_9_1_2

そして一際目立つのが、こちらの生駒ビルヂング(国登録有形文化財)

27_9_1_3

昭和5年(1930年)に竣工、時計塔があることでわかるように生駒時計店の店舗として建てられました。

27_9_2

スクラッチタイルと窓の装飾が良く目立ち、テナントビルとして現役の建物です。

27_9_3

アールデコ調の伏見ビルは、大正12年(1923年)にホテルとして建てられたもの

27_9_1_7

明治45年(1911年)建築の北浜レトロビルヂング(国登録有形文化財)は、紅茶専門店として現在も利用されています。

27_9_1_8

そんな界隈の一画に、江戸時代の蘭学者緒方洪庵が開いた私塾、適塾の建物(国重要文化財)がひっそりと佇んでいました。

27_9_1_5

現在では金融商品取引所となっている大阪取引所(旧大阪証券取引所)ビルの前には五代友厚の銅像があり

27_9_1_4

大阪取引所の建物の向かいには大正4年(1915年)竣工の難波橋があり、吽形のライオン石像が睨みを効かせていました。(北側には阿形の石像があるそうです。)

27_9_1_6

« 大阪 オペラドメーヌ高麗橋ほか | トップページ | 加古川市立加古川図書館 »

建物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701686/71985048

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪 生駒ビルヂングほか:

« 大阪 オペラドメーヌ高麗橋ほか | トップページ | 加古川市立加古川図書館 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ