« H30 今年の紅葉 | トップページ | イケフェス大阪2018 2 »

2018年12月19日 (水)

イケフェス大阪2018 1

今年の10月27日土曜日に、イケフェス大阪2018に行ってきました。

正式名称は「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」、大阪市内にある現在も利用されている建物を展示物のように見たてて、セミナーなどでその歴史などを学び、語り合いながら、一味違う大阪の魅力に触れるというイベントです。
2014年に初めて開催され、今回が5回目となりました。

イベントに参加している建物は、予約制の解説ツアーなどで内部も公開されているものも多く、建築ファンには絶好の機会となっています。
私は、3年前の第2回以来の2回目の参加となりますが、無料だったパンフレットも有料(500円)となり、参加者も増えて大きなイベントに成長してきましたね。

今回は、心斎橋からスタートです。
イベントには参加していませんが、南船場にある大阪市立南幼稚園の建物を見た後

30_10_1

大阪農林会館へ

30_10_1_2

1階部分が石貼り、上層階がタイル貼りの鉄筋コンクリート造5階建て、三菱商事の大阪支店として昭和5年(1930年)に建てられたビルは、旧農林省の事務所として使用された後、現在はテナントビルとして利用されています。

30_10_2

次は総合貿易商社、原田産業(株)の大阪本社ビル

30_10_1_3

昭和3年(1928年)建築の鉄筋コンクリート造2階建て、正面の大きな縦長の窓が特徴的な建物

30_10_2_2

この日は内部を見ることができませんでしたが、翌日曜日には特別公開されていたようです。残念・・・

30_10_3

堺筋を渡ったところにあるのが、こちらの堺筋倶楽部

30_10_1_4

昭和6年(1931年)に旧川崎貯蓄銀行大阪支店として建築され

30_10_2_3

現在は結婚披露宴にも利用できるイタリアンとフレンチのレストラン、「アンブロシア」として利用されています。

30_10_3_2

玄関やその上部の窓などの装飾が見事、内部も重厚、豪華な造りとのことですが、土日とも18時から21時の公開でしたので見ることができませんでした。またまた残念weep

30_10_4

そこから引き返して御堂筋を西に渡り、外壁に132個の植木鉢を配し、自然との共生をテーマにした現代的な外観のオーガニックビルへ
内部の見学は、事前予約が必要でしたので、外観を拝見するだけで失礼して

30_10_1_5

さらに西に進み、阪神高速を渡ったところにも、こんな魅力的な建物がありました。

30_10_1_6

この後もいろいろ周ってきましたので、順次紹介させていただきます。

« H30 今年の紅葉 | トップページ | イケフェス大阪2018 2 »

イベント」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701686/74772507

この記事へのトラックバック一覧です: イケフェス大阪2018 1:

« H30 今年の紅葉 | トップページ | イケフェス大阪2018 2 »

フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ