« イケフェス大阪2018 4 | トップページ | イケフェス大阪2018 6 (船場ビルディング) »

2019年2月 2日 (土)

イケフェス大阪2018 5 (丼池繊維会館、綿業会館)

イケフェス大阪2018の続きです。
本町方面に向かい、船場丼池筋にある丼池繊維会館へ

30_10_1

大正11年(1922年)に愛国貯金銀行として建築された鉄筋コンクリート造り地上3階地下1階の建物
一時は鋼製のサイディングに覆われていましたが、再生プロジェクトにより平成28年(2016年)春に以前のファサードが蘇りました。

30_10_2

うれしいことに内部も公開されていました。

30_10_3_2

事務的な入口からは予想できない階段は味のあるもので

30_10_4

2階から上は階段の場所が変わって、手すりも木製のものとなり

30_10_5

リノベーションされた回廊状の階段室には腰板が貼られており、レトロな雰囲気が味わえます。

30_10_6

屋上も開放されていて

30_10_7

ビルに囲まれているため景色は楽しめませんでしたが、コーナーにアールのあるパラペットなどがいい感じでしたね。

30_10_8

さらに北に進み綿業会館へ

30_10_1_2

昭和6年(1931年)に日本綿業倶楽部として竣工した鉄骨鉄筋コンクリート造り地上6階、地下1階の建物

30_10_2_2

戦前にはリットン調査団が来館し、大阪経済界の代表と会談するなど国際会議にも利用されました。

30_10_3_3

内部の見学は事前申し込みの上抽選だったため今回は見ることができませんでしたが、重厚な外部とは違い、大理石をふんだんに使ったロビーやタイルタペストリーなどの豪華な内装は大阪の近代建築の代表的として紹介されるほか国の重要文化財にも指定されています。

30_10_4_2

毎月1回、有料ですが公開されているそうですので、一度は見てみたいものですね

« イケフェス大阪2018 4 | トップページ | イケフェス大阪2018 6 (船場ビルディング) »

建物」カテゴリの記事

街並み」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イケフェス大阪2018 5 (丼池繊維会館、綿業会館):

« イケフェス大阪2018 4 | トップページ | イケフェス大阪2018 6 (船場ビルディング) »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ