建物

2018年10月 8日 (月)

神戸 高架下商店街 おまけ

高架下商店街の付け足しになってしまいますが、web上では工事の計画が、紹介されていません。
どのようになるのか気になるところでありますが、移転交渉が難航していることもあって公表しづらいのではないでしょうか?

ただ、モトコー7番街については掲示がありました。
少し大きめの写真を貼っておきますので、興味のある方はクリックしてご覧ください。

30_9_15_40

モトコー7番街の西、神戸駅に向かうところは欧風家具の制作工房があったところですが

30_9_15_41

完全に撤去され、橋脚に鉄板が巻かれるなどの補強工事が実施されていました。

30_9_15_42

モトコー7番街の北側の一部でも施工されているように、商店街も全てこんな感じになってしまうのでしょうか?

30_9_15_43

耐震のほか火災の発生などの問題もあり、列車の通行安全との兼ね合いもあるとは思いますが、中心部に残る神戸の下町の姿を少しでも残してもらいたいものですね、

30_9_15_44

2018年9月29日 (土)

神戸 高架下商店街 2

神戸元町の高架下商店街の続きです。
4番街は、モトコーではなく花隈南4商店街の名前を使っています。
「高架下」のイメージが良くないと思い、その名称を使っているのでしょうか?

30_9_15_20

新しい店もできており、元気だったころの商店街の面影を感じさせてくれるところもありましたが

30_9_15_21

全体的にシャッターの下りている店舗が目立つようになってきました。

30_9_15_22

続いてモトコーファイブへ

30_9_15_23

こちらは長さが50mほどしかなく、モトコーの中では一番短いところでしょう。

30_9_15_25

こちらだけではなく、高架下商店街の南北は道路に面しており、事務所や倉庫として利用されています。

30_9_15_24

さらに西側にはモトコータウン6があります。

30_9_15_26

この辺りは、私が子供のころによく来ていたところで、パン屋などもあったのですが

30_9_15_27

今は営業している店がほとんどなく、取り壊されているところも多くなっています。

30_9_15_28

あじさいの街の照明看板に寂しさを感じます。

30_9_15_29

線路のカーブに沿った南側には、細い路地が残されています。
この右手は広い道路になっていますが、55年ほど前までは住宅街であり、私はそのあたりに住んでいたんですよね。

30_9_15_31

モトコータウン6からモトコー7番街に

30_9_15_30

米軍払い下げのミニタリーグッズを売っていたイカリヤ、店は商店街の西側で営業中ですが、ショーケースは閉められていました。

30_9_15_32

こちらはほぼシャッター街になっています。

30_9_15_33

「通常営業しております」の看板はありますが、安売り店のオバタが移転した後は

30_9_15_34

西端の数店が営業しているのみ

30_9_15_35

JR西日本は、耐震工事が完了した後に、飲食や物販などの分野ごとに店舗を集約し、一部を直営にする再整備を行うとのことですが、高齢の経営者が多く、現在のような営業を存続できるところが少ないので、雰囲気は大きく変わってしまうんでしょうね。

30_9_15_36

戦後の闇市の面影を色濃く残す商店街ですが、消えゆく運命にあるのでしょうか?

2018年9月26日 (水)

神戸 高架下商店街 1

随分と間隔が開いてしまい久しぶりの更新となりますが、よろしくお願いいたします。

さて、身近にあるものが徐々に変化していっても、意外に気付きにくいもの
「茹でガエル」のように、気が付いたときには手遅れになってしまうことも多いのではないでしょうか。

今回は、神戸市の高架下商店街を紹介させていただきます。
高架下商店街は、JR三ノ宮駅の西側からJR神戸駅東側までの高架下にある商店街で、庶民的でユニークな店も多く、私の好きだったところ

ところが、高架橋の老朽化に伴う耐震工事を実施するため、JR元町駅から西側の多くの店舗が立ち退きを迫られている状況となっています。

JR元町駅ホームの下には、大衆居酒屋の金盃などの飲食店やパチンコ屋などが軒を連ねていましたが、最近は空き地が目立つようになりました。

30_9_15_1

金物屋の上田や立ち飲みもできるマルゲン酒店などが閉店となりましたが、

30_9_15_2

まだ新しい「えびす」や老舗の中華料理店「丸玉食堂」などは、現在も頑張って営業されています。

30_9_15_3

JR元町駅の西口にあった書店、ジャパンブックスは

30_9_15_4

この8月末に閉店され、新しい道に進まれるとのことです。

30_9_15_5

ここから西側にあるのが元町高架通商店街、昔は〇丁目と呼んでいましたが、今は〇番街、さらには商店街そのものも「モトコー」と響きの良い名称で呼ばれています。

30_9_15_6

この1番街あたりは、三宮の高架下商店街と同様に若者向けの店が多く賑わっています。

30_9_15_7

連続してある2番街の入り口には

30_9_15_8

洋菓子のレンセイ製菓があり、昔の姿がそのまま残っていました。

30_9_15_9

天井部分はキレイになっていますが、狭い通路が戦後の闇市の雰囲気を感じさせてくれます。

30_9_15_10

元高3番街は営業中という表示が必要な状況で

30_9_15_11

山側の工事が進められています。

30_9_15_12

カラータイマー鳴ってます!

30_9_15_13

中には、会社の元事務所のような建物もあり

30_9_15_14

とてもユニークな商店街が新しい形になってしまうのは寂しいものですね。

30_9_15_15

長くなりますので、2回に分けて紹介させていただきます。

2018年7月 1日 (日)

福島 開成館

郡山の開成館周辺の建物、最後になりましたが、こちらが開成館です。

27_9_1_3

明治7年に郡役所の前身である区会所として、福島県開拓掛が置かれた擬洋風建築物です。

27_9_2_3

唐破風で飾られた玄関のほか

27_9_3_3

いろいろな趣向が凝らされた木造3階建ての格調高い建物です。

27_9_4_3

ワクワクしながら、入口の土間から中に入ってみました。

27_9_5_3

現在は、安積開拓や安積疎水の開削に関する資料館として利用されており

27_9_6_2

展示のない部屋はこんな感じ

27_9_7_2

展示室にはじゅうたんが敷かれ

27_9_8_2

1階から3階までの階段が連続するように貫かれていました。

27_9_9_2

擬洋風の建物ですので、建具や

27_9_10_2

縁側に欄干

27_9_11

出入口の意匠などには

27_9_12

どことなく、中国風のテイストが感じられます。

27_9_13

3階の展示室内には

27_9_14

明治天皇の肖像画が飾られていますが、東北行幸の際に行在所や昼食会に利用されたそうです。

27_9_15

東北にはこうした明治時代の建物が多く残っているのがうれしいですね。

2018年6月10日 (日)

福島 旧坪内家住宅

続いては、旧坪内家住宅

27_9_1_2

明治14年に鳥取県から移住した坪内元興の住宅として、政府の補助を受けて建てられたもので、5ランクある開拓者用住宅で最上級の建物だそうです。

27_9_2_2

板の間の一角には囲炉裏が切られ

27_9_3_2

天井はありませんが、しっかりした材の板張りの屋根

27_9_4_2

いずれにしろ、ほぼ自給自足の生活だと思いますので、生きていくのはは大変だったんでしょうね。

27_9_5_2

2018年6月 4日 (月)

福島 安積開拓官舎(旧立岩邸)

郡山の開成館周辺の建物、続いては安積開拓官舎(旧立岩一郎邸)

27_9_1

明治7年に建てられた開成館と同時期に建てられた職員用官舎のうちの一つです。

27_9_2

広い縁側が設けられ

27_9_3

木造2階建て、寄棟の屋根は檜皮葺になっています。

27_9_4

壁面は板張りで

27_9_5

開拓者用の住居より、しっかりした造りになっています。

27_9_6

天井のある室内も開放されており、畳敷きで

27_9_7

囲炉裏もあって

27_9_8

現在ほどではありませんが、生活には便利だったのではないでしょうか?

27_9_9

明治天皇の行幸の際には岩倉具視、後には伊藤博文や松方正義の宿泊にも利用されたとのことです。

27_9_10

2018年5月27日 (日)

福島 旧小山家住宅

福島県の建物巡り、郡山の中心部にある開成館へやってきました。
お目当ての開成館の手前には安積開拓に関する建物が展示されています。
まずは明治時代の入植者の住宅の一つ、旧小山家住宅へ

27_9_1_2

平成9年にこちらに移築されたもので

27_9_2_2

茅葺の屋根は葺き替えられて間がないようでした。

27_9_3_2

愛媛県からの開拓者、室崎久遠が明治政府から補助を受けて建てた住宅ですが、後に小山宇太治の住居となりました。

27_9_4_2

素朴な建物は内部も公開されており

27_9_5_2

天井のない空間は、冬場を凌ぐには大変だったことでしょう。

27_9_6_2

筵に糸車など、不毛の大地に入植した人々の厳しい生活の様子も伺い知ることができました。

27_9_7_2

2018年4月21日 (土)

福島 安積歴史博物館

郡山に移動して、安積歴史博物館に立ち寄りました。

27_9_1

明治22年(1889年)に旧福島県尋常中学校本館として建てられた木造2階建て、下見板張りで上下げ窓の洋館、玄関部には八角形のポーチが設けられています。

27_9_2

昭和48年まで県立安積高校の校舎として利用されていましたが、その後国の重要文化財に指定され、創建当初の姿に復元するため半解体修理が行われました。

27_9_3

校舎ですので、それほど凝った装飾はありませんが

27_9_4

階段の手すりや板張りの床などは、重厚で味のあるものです。

27_9_5

教室はこんな感じですが、多くの部屋は資料展示室として利用されています。

27_9_6

ポーチ上部は1、2階ともに美しいアーチ状の窓になっていました。

27_9_7

2階には講堂があり

27_9_8

建築当初からのシャンデリアや

27_9_12

黒板

27_9_9

舞台などが残されていました。

27_9_10

石材は安山岩が使われており、側面出入口の階段も建築当初のままのようです。

27_9_11

東日本大震災では、礎石がずれたり、土壁が剥がれ落ちるなどの被害を受けたそうですが、現在は修理が終わり、美しい姿を見ることができてよかったです。

2018年3月18日 (日)

福島 白河市の建物

建物の紹介は、大阪や兵庫県内など、しばらく近くのものが続いていましたが、ここからは平成27年9月に行った福島県の報告をさせていただきますのでお楽しみください。

まずは、白河市にあるJR白河駅の駅舎です。

27_9_1

大正10年(1921年)の建築、木造平屋建て、寄棟造りの下見板張り

27_9_2

ハーフティンバー調の牧歌的な外観がいい感じです。

27_9_3

正面上部の切妻部分の下には庇が張り出しており、その構造を垣間見ることができます。

27_9_5

現在も現役の駅舎として利用されているところもうれしいですね。

27_9_4

続いて、南湖公園にある旧西白河郡役所

27_9_1_2

明治16年(1883年)建築、木造一部2階建て、寄棟造りの下見板張り
玄関周りは、円柱と飾り欄間の凝った造りの庇があり、その上部はバルコニーになっています。
現在は明治記念博物館、カフェレストランとして開放されているそうですが、朝早くに訪れたため、内部を見ることはできませんでした。

27_9_2_2

白河市の建物の最後は、白河ハリストス正教会

27_9_1_3

大正4年(1915年)建築、木造平屋建て(一部2階建て)、寄棟造りですが、玄関部は切妻になっています。

27_9_2_3

正教会らしい玉ねぎのような塔(クーポル)のあるビザンティン様式の建物は、均整のとれた美しいもので、満足させていただきました。

27_9_3_2

2018年1月13日 (土)

兵庫 和田山の洋館

平成27年9月に兵庫県但馬地方の和田山の町並みを散策してきました。
但馬から播磨や丹波へ向かう交通の要衝の地ということもあり、古い建物も少しではありますが残っています。

27_10_1

今回は、そんな町中にある洋館を訪ねてきました。
まずは、本町公民館です。

27_10_2

木造2階建て、下見板張りの小さな建物ですが、いい味出ています。

27_10_3

そして、その近くにある上垣医院

27_10_4

昭和5念に建築された木造2階建ての建物は、現在も病院として利用されています。

27_10_5

上部がベランダになっている玄関ポーチと

27_10_6

屋根のドーマー窓がモダンな雰囲気を醸し出しています。

27_10_7

側面の壁や庇などにも装飾が施されており、いい雰囲気

27_10_8

道路側にある石造りの塀も上部にアールのある凝ったものになっています。

27_10_9

この日はお休みということで内部を見ることはできませんでしたが、一度覗いてみたいものですね。

27_10_10

より以前の記事一覧

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ