うどん・そば

2014年10月13日 (月)

篠山 こんだ薬師温泉ぬくもりの郷~自然薯庵

これまで何度となく行っている、こんだ薬師温泉ぬくもりの郷
温泉博士の無料手形があった8月と白髪岳に登った後の9月に続けて行ってきました。

26_8_1

こちらは重曹系でヌルつきのあるアルカリ性弱放射能泉が掛け流しで楽しめるます。
いつも芋の子を洗うような状態なので、最近は敬遠していましたが、久しぶりに浸かってみると、重曹と石膏の混じったような独特の香りと肌触りが心地よかったですね。

こちらには、農産物の直売施設や農産物加工施設もあり、ジェラートや出来立て豆腐をいただくことができます。
この豆腐、アイスクリームのように見えますが、温かく滑らかな食感、これが100円で食べられるのが嬉しいですね。

26_8_2

施設の麓には源泉スタンドがあり

26_8_3

10リットル10円で24時間利用できます。

26_8_4

ご興味のある方は、次の公式HPをご覧ください。

こんだ薬師温泉ぬくもりの郷

身体を清めた後は、国道372号線を東に向かい、沿線にある手打ちそば処自然薯庵に立ち寄りました。

26_8_1_2

玄関前にあるメニュー

26_8_2_2

中に入ると写真付きのお品書きがあり、おすすめのそば膳をいただくことにしました。

26_8_3_2

茅葺の民家を改造した店内

26_8_4_2

田舎の農家に泊まっているような感じがするような、いい雰囲気でした

26_8_5

そうこうしているうちにそば膳がやってきました。

26_8_6

香りや味を損ねないよう、そばから食べるよう案内がありました。
コシ、味は標準的な二八そばといったところでしょうか
アップの写真は、そばではなくネギにピントがあってしまいましたね (-_-;)

26_8_7

公式HP 丹波篠山 自然薯庵

2013年12月 8日 (日)

昨日は鳥取の共同湯めぐり

昨日は鳥取の共同湯めぐりを楽しんできました。
まずは、お土産の親ガニを買うために鳥取市にある漁港、賀露港にある「かろいち」に
その後、近くのセルフ方式のうどん店、ちよ志でお昼です。

25_12_1

最初に麺の量と熱い、冷たいを指定して、トッピングやご飯などを注文して、精算後、甘い、辛いの2種類あるだしを自分で注ぎます。
私の注文は、うどん中(280円)といか飯(150円)、ボリュームたっぷりで満足いたしました。

25_12_2

その後は鳥取県内の共同湯めぐりです。

25_12_1_2

ほぼ地元専用の共同湯のため場所と名称は伏せておきますが、セルフ掛け流しの湯は変わらず健在でした。

25_12_2_2

そして、久しぶりに浜村温泉の共同浴場に

25_12_1_3

午後4時からの営業ですが、2人のおじいさんとご一緒に

25_12_2_3

それから東郷温泉に行きましたが、着いたのが5時頃、日が暮れるのが早く、すっかり暗くなってしまいました。
JR松崎駅前にある母子観音様は、温泉の池から立ち上る湯気に包まれていました。

25_12_1_4

寿湯にも先客が2名
3か所とも、無色透明で特徴の少ない湯ですが、正真正銘の掛け流し
しかし浜村温泉とこちらの湯は熱かったですね。

25_12_1_5

ということで8時半ごろに帰宅
自分が湯に浸かった後は、カニさんにも入浴を

25_12_1_6

活けの親カニですので新鮮、たっぷりの内子とカニミソを満喫いたしました。

25_12_2_4

酒をいただき、2匹を食べ終わったのが10時半を回ってしまいました。

25_12_3

今年の親ガニ(セコガニ)の漁期は、例年と違い今年いっぱいで終わりですので、私が食べるのはこれが最後になりそうですね。

2012年12月 5日 (水)

乙仲通 日進月歩

最近、おいしいおそば屋さんを見つけました。
中央区の乙仲通りにある「日進月歩」です。

24_12_1

今年の2月にオープンした店で、岡山の津山にある店が神戸に進出してきたそうです。

24_12_2

表に出ているメニューがこちら

24_12_3

店内には御膳のメニューもあります。

24_12_4

店内はこんな落ち着いた雰囲気

24_12_5

テーブルにはこちらのそばのこだわりや

24_12_6

そばについてのうんちくが紹介されています。

24_12_7

また、岩塩も置かれており、これでもりそばをいただくのも乙なものですな。

24_12_11

前回はもりそばとかやくごはんのセット(750円)をいただきましたが、そばがおいしかったので、この日はもりそばの大盛り(800円)を注文しました。

24_12_8

アップにするとこんな感じ

24_12_9

最初は塩でいただき、後は辛めのつゆで
そば湯とそば茶で〆て大満足でした。

24_12_10


 

2012年10月21日 (日)

加西 がいな製麺所

先週、加西市にあるがいな製麺所に行ってきました。

24_10_1_2

田園地帯の中にある倉庫を増設したような店で、店舗の前にも席が設けられています。

24_10_2_2

「がいな」とは、讃岐の方言できつい、強い、厳しいという意味だそうで、店主が弟子入りした讃岐の池上製麺所のるみばあちゃんが「がいなばあちゃん」と呼ばれていたことから名付けたとのことです。(がいな製麺所のHPより。)
そのるみばあちゃんを模った大きな看板?が客を見守ってくれていました。

24_10_3_2

店内はこんな感じ
最初にレジで注文し、お金を払って番号札をもらい出来上がりを待ちます。

24_10_4

うどんメニューはこちら

24_10_5

天ぷらなどのサイドメニューに定食もありましたが・・・

24_10_7

私が注文したのは、釜揚げうどん(350円)に季節の野菜天(100円)

24_10_6

釜揚げうどんには湯が溜められていないので、少し躊躇しましたがオーダー間違いではありません。
麺はしっかりコシがあって固め、醤油をかけていただきましたが、なかなかおいしかったですね。

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ