イベント

2017年7月22日 (土)

神戸 帆船フェスティバル

神戸港は今年で開港150年を迎えることから、いろんな記念事業が行われていますが、7/15~8/6までは「海フェスタ神戸」というイベントが開催されています。

先週の3連休には、国内外の帆船が一度に8隻が集結する「神戸帆船フェスティバル」がありましたので、厳しい暑さの中ですが見に行ってきました。

ハーバーランドのモザイクから順番に巡っていきます。

29_7_16_1

まずは、中突堤に停泊している咸臨丸

29_7_16_2

かもめりあには、ちょっと小さめのAmiがあります。

29_7_16_3

メリケンパークでは、ステージでのコンサートや屋台が並ぶ「みなとまつり」が行われていましたが、暑かったので先を急ぐことにしました。
震災で壊れたメリケン波止場からも、新港第1突堤に停泊している帆船が見えます。

29_7_16_4

そちらに移動すると、「みらいへ」と「海王丸」の2隻の帆船が並んでいます。
この辺りがメイン会場で、多くの人が集まっていましたが、皆さん暑さも気にせず頑張ってはりました。

29_7_16_5

隣の新港第2突堤には、ロシアのパラダと

29_7_16_6

韓国のコリアナが停泊しています。

29_7_16_7

16日(日)には、停泊したまま帆を張るセイルドイルが行われ、帆船は帆を張っている姿が美しいので、多くの皆さんが写真を撮ってはりました。
パラダはこんな感じ

29_7_16_8

みらいへと海王丸

29_7_16_9

メリケンパークに戻り、みらいへと

29_7_16_10

海王丸の姿もみてきましたが、なかなか壮観
このほかにも、青雲丸などの練習船も一般公開されており、酷暑の中よく歩きましたが、見応えたっぷりで満足させていただきました。

29_7_16_11

この土日も、「しんかい」などの潜水調査船や観測船なども一般公開されているそうですから、ご興味のある方は、暑いですが行ってみてください。

2016年10月20日 (木)

神戸 みなと異人館 2

みなと異人館の紹介の続きです。
建物の中に入ると

28_10_15_10

ちょうどジャズの演奏が始まったところでした。

28_10_15_11

テナーサックスのピアノレストリオの後、女性ボーカルが加わり、皆さん演奏を楽しんではりました。

28_10_15_12

私の目的は建物見学なので、2階に上がることにします。

28_10_15_13

演奏中でしたので、人が少なくて心置きなく写真を撮ることができました。

28_10_15_14

階段の手すりの柱頭や手すり子の意匠は落ち着いた感じのもの

28_10_15_15

2階には暖炉のある小さな洋間と

28_10_15_16

会議もできるような大きな部屋がありました。

28_10_15_17

北側のベランダはこんな感じ

28_10_15_18

ここからは、第4突堤とポートアイランドを結ぶ赤い神戸大橋や港の風景がよく見えます。

28_10_15_19

歩いて三宮まで帰る途中、タグボートがはしけを引いている姿が懐かしく、神戸港の近くに住んでいた小さいときのことを思い出しましたね。

28_10_15_20

2016年8月 1日 (月)

神戸 岡本の洋館

7月のある日、神戸で岡本の洋館の内覧会がありましたので、行ってきました。

28_7_10_1

所有者の方が建物の活用を条件に譲渡も含めて検討されていることから、住宅遺産トラスト関西の主催で開催された内覧会は、多くの人で賑わっていましたね。(現在は終了しています。)

28_7_10_00

内部も写真撮影ができたのですが、個人の住宅ということもあり自粛して、外観写真だけ紹介させていただきます。

28_7_10_2

大正から戦前にかけて活躍した木子七郎の設計により、1923年(大正12年)に建築された木造天然スレート葺き3階建て(一部鉄筋コンクリート)の建物
正方形のうすい板を貼ったシングルと呼ばれる壁に目が惹かれます。

28_7_10_4

玄関部にはマンサード風の屋根があり

28_7_10_3

木部のなぐりの仕上げが美しいですね。

28_7_10_5

階段部分に沿って斜めに付けられた上げ下げ窓

28_7_10_8

南側にはコロニアル風のベランダが設けられているほか、室内も和洋いろいろな様式が取り入れられており、満足させていただきました。

28_7_10_13

2016年5月16日 (月)

この前の土曜日は京都に

今日の関西地方はあいにくの天候となりましたが、この前の土日は真夏のようなお天気
スルッとKANSAI3Daysが1枚残っていましたので、その陽気に誘われて京都に行ってきました。

まずは、京都御所のすぐ北側にある今出川の同志社大学のキャンパスに・・・
開放されている校内には、写真のクラーク記念館(重要文化財)など歴史のある建物が建ち並んでいます。

28_5

そのすぐ東側には相国寺があり、この日のメインの目的である法堂、方丈の特別公開を見学してきました。

28_5_2

その後、地下鉄の二条城前まで行ってから

28_5_3

三条会商店街まで下がり、一日だけ開催されている地ビール祭京都2016に顔を出してみました。(写真は愛知の盛田金しゃちビールのインペリアルスタウトです。)

28_5_1

真夏のような暑さの中、歩くのも困難なくらい賑わっている中、一人気ままに地ビールを楽しんできました。
山梨県の富士桜高原麦酒のオクトーバーメルツェンでいただく山芋と蓮根の揚げ物(200円)は絶品でしたね。

28_5_2_2

その後、十三のくれはで地酒を味わって帰るという充実した一日でした。

2016年5月 8日 (日)

サントリー ザ・プレミアム・モルツフェスティバル

昨日は日本酒の持ち寄り飲み会の後、神戸ハーバーランド スペースシアターで開催されているサントリー ザ・プレミアム・モルツフェスティバルに行ってみました。

28_5_7_2

5種類のプレミアムモルツが200円~の感謝価格で提供されており、うちサマースペシャル2016が売り切れていたため、まずはマスターズドリーム(350円)から

28_5_7_1

開放的でビアガーデンのような雰囲気の中、適度に立ち席も空いており快適に飲むことができます。

28_5_7_3

おかわりは黒で

28_5_7_5

神戸牛ステーキや小龍包などのフードメニューもあり、行楽や買い物帰りの喉を潤すのにちょうどいいんじゃないでしょうか。

28_5_7_4

神戸での開催は今日まで(13:00~22:00)となっています。
全国各地で開催されていますので、ご興味のある方は次のHPをご覧のうえ、行ってみてくださいね。

サントリー ザ・プレミアム・モルツフェスティバル

2016年2月16日 (火)

第1回 御影おもてなしバル

久ぶりにお酒の話題です。
1月末に阪神御影駅周辺で開催された第1回御影おもてなしバルに行ってきました。

28_1_30_0

参加店・時間も限られていたので、5枚売りのチケット(3,500円)を友人と2人でシェアすることにしました。
4時過ぎに行ったのですが飲み屋はほとんどが営業前、とりあえず腹ごしらえに行ったのがそば処峡洛

28_1_30_1

ビルの谷間に昔ながらの蕎麦屋の店構の平屋の建物がポツンと残されており、その様子から名付けられたそうです。
案内されたテーブル席でいただいたのがミニあつもりとドリンクのセット、おつまみも付いており満足させていただきました。(チケット1枚)

28_1_30_2

まだもう少し時間があったのでライオン堂に行きましたが、バルセット提供前ということで、いつもどおりワンコインセットを注文(19時からのバルセット提供という設定がちょっと疑問に感じましたね。)

その後、阪神電車の高架下にある銀狐に行きましたが、ものすごい人で入店まで15分ぐらい待つことに・・・

28_1_30_3

友人が頼んだのはバルセット(チケット1枚700円、ワンドリンク付)

28_1_30_4

私は普段から提供されている寄り道セット(500円、ワンドリンク付)で楽しませていただきました。

28_1_30_5

残るチケットは2枚、予定通り阪神御影駅北側にある串カツいくちゃんへ
10分ほど並びましたが、懐かしい屋台で好みの串カツ4本とワンドリンク(道灌1合など、チケット1枚)を堪能させてもらいました。


28_1_30_6

初めての開催ということでしたが、もう少し早い時間から始めてほしかったですね。

2015年12月14日 (月)

神戸での休暇

先週、休暇がとれましたので神戸に行ってきました。
ちょうどルミナリエが開催されており、私は昼間に様子を見に行くことにしました。

27_12_8_1

例年よりも規模を縮小しているようで

27_12_8_2

東遊園地の飾りつけも、数年前に比べると随分小さくなってしまいました。

27_12_8_3

今日14日までの開催でしたので、夜の姿を見るのは来年の楽しみにとっておきましょう。

27_12_8_4

昼間のルミナリエ見学の後は、こちらで喉を潤します。

27_12_8_1_2

ニューミュンヘン神戸大使館の店内にはブリュワリーがあって、地ビールを造っています。

27_12_8_2_2

毎月第2火曜日はお客様感謝デー、生ビールが半額で飲めますので、神戸で勤務しているときはよく行っていたのですが、今回は久しぶりの訪問となります。
名物のから揚げがおいしかったので、ついつい飲み過ぎてしまいました。

27_12_8_3_2

2015年10月29日 (木)

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪 2015

建築関係のイベントのお知らせです。

今度の土日に大阪市で行われる「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪 2015」、昨年に続いて2回目の開催になります。

27_10_29

生きた建築とは、現在でも事務所や店舗として稼働している建物のこと。
その魅力に触れてもらうため、講演会やガイドツアーなど様々なイベントが実施されます。

北区中之島や中央区北浜界隈には、歴史のある建物が結構残っているんですよね。
私が行ったところでは、伏見町にある芝川ビルや

27_9_12

平野町にある生駒ビル

27_9_12_2

そのほか、西区江戸堀にあるヴォーリズの手による日本基督教団大阪教会や

27_10_29_2

大丸心斎橋店など

27_9_12_3

特別に公開される建物もたくさんあります。残念ながら事前申し込みはもう終了していますが、ご興味のある方は次のHPを参考に立ち寄ってみてくださいね。

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪 2015

ちなみに、私は友人と旅行に行くため参加できないのが残念です。

2015年6月15日 (月)

西宮 寶娘 蔵開き

今年2月の週末、西宮郷の酒蔵が順番に蔵開きを開催していましたので

27_2_7_1

初日に寶娘の銘柄で知られる大澤本家酒造に立ち寄ってみました。

27_2_7_2

小さな蔵ですが多くの人で賑わっており、工場を見学した後、にごり酒と清酒を試飲させていただきました。

27_2_7_3

そして、その隣にある万代大澤醸造

27_2_7_1_2

「徳若」の銘柄で知られるこちらの蔵、この日は蔵開きではありませんでしたが、店頭販売に多くの人が集まってきていました。

27_2_7_2_2

2014年11月22日 (土)

姫路食博&第2回全国ご当地おでん・地酒サミット

今日は久しぶりに暖かく、穏やかな一日になりました。
そのため、この三連休に姫路で開催されている姫路食博&第2回全国ご当地おでん・地酒サミットに行ってきました。

26_11_1

平成23年に開催されたB-1グルメの後、開催されているようですが、それに合わせて、あまり人気のなかった「おでん」を盛り上げるべく昨年から開催されているのが全国ご当地おでん・地酒サミット

26_11_2

青森生姜味噌おでん、小田原おでん、静岡おでん、若狭おばま鯖おでん、舞鶴おでん、姫路おでん、長州おでん、沖縄おでん、韓国おでんのブースが並び、それぞれに合う地元の地酒も楽しめます。

26_11_3

私がいただいたのは、大正初期からの歴史を有する静岡おでん
いりこ出汁で煮込んだ練りものを中心にしたネタに、カツオの削り粉と青海苔を合わせた「だし粉」をトッピングしていただきます。
牛スジの味がアクセントになっているそうですよ。

26_11_4

ただ、それぞれ5種類で500円の販売となっており、いろんなおでんの食べ比べができなかったにが残念です。
おでんだけではなく、高砂にくてんやあかし玉子焼き、ホルモン焼きそばなどのB級グルメのお店もありましたが、私は食べたことのない姫路の名物、アーモンドトーストを酒のアテにしてみましたが、なかなか乙なものでしたね。

26_11_5

会場となっている大手前公園に隣接するイーグレひめじでは、全国ご当地おでん・地酒セミナーも開催されていました。
参加している各団体のおでんの歴史や、町おこしとしての取り組みなどの話を聞き、知識をさらに深めることができましたね。

26_11_6

なお、第3回は来年静岡県で開催されるとのこと。
明日、明後日も開催していますので、興味のある方は覗いて見てくださいね。

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ