風景

2017年7月22日 (土)

神戸 帆船フェスティバル

神戸港は今年で開港150年を迎えることから、いろんな記念事業が行われていますが、7/15~8/6までは「海フェスタ神戸」というイベントが開催されています。

先週の3連休には、国内外の帆船が一度に8隻が集結する「神戸帆船フェスティバル」がありましたので、厳しい暑さの中ですが見に行ってきました。

ハーバーランドのモザイクから順番に巡っていきます。

29_7_16_1

まずは、中突堤に停泊している咸臨丸

29_7_16_2

かもめりあには、ちょっと小さめのAmiがあります。

29_7_16_3

メリケンパークでは、ステージでのコンサートや屋台が並ぶ「みなとまつり」が行われていましたが、暑かったので先を急ぐことにしました。
震災で壊れたメリケン波止場からも、新港第1突堤に停泊している帆船が見えます。

29_7_16_4

そちらに移動すると、「みらいへ」と「海王丸」の2隻の帆船が並んでいます。
この辺りがメイン会場で、多くの人が集まっていましたが、皆さん暑さも気にせず頑張ってはりました。

29_7_16_5

隣の新港第2突堤には、ロシアのパラダと

29_7_16_6

韓国のコリアナが停泊しています。

29_7_16_7

16日(日)には、停泊したまま帆を張るセイルドイルが行われ、帆船は帆を張っている姿が美しいので、多くの皆さんが写真を撮ってはりました。
パラダはこんな感じ

29_7_16_8

みらいへと海王丸

29_7_16_9

メリケンパークに戻り、みらいへと

29_7_16_10

海王丸の姿もみてきましたが、なかなか壮観
このほかにも、青雲丸などの練習船も一般公開されており、酷暑の中よく歩きましたが、見応えたっぷりで満足させていただきました。

29_7_16_11

この土日も、「しんかい」などの潜水調査船や観測船なども一般公開されているそうですから、ご興味のある方は、暑いですが行ってみてください。

2016年10月18日 (火)

神戸 みなと異人館 1

この前の土曜日、いいお天気でしたので、神戸のポートアイランドにあるみなと異人館(旧ヘイガー邸)を見に行ってきました。

28_10_15_1

1906年(明治39年)にアメリカ人貿易商ヘイガーの自宅として北野町に建築された後、紆余曲折を経て神戸市の所有となり1981年(昭和56年)にポートアイランド北公園内に移築され、海辺にある「みなと異人館」として公開されていました。


28_10_15_2

その後、結婚式場などとして利用され、現在はシスメックスが神戸市から借り受け、ゲストハウスとして利用しており、普段は非公開ですが年に1回一般公開されています。

28_10_15_3

木造2階建て、白く塗られた下見板張りの洋館で

28_10_15_4

港の景色と見事に調和しています。

28_10_15_5

2階ベランダ部分は、もともとオープンスペースだったのかも知れませんね。

28_10_15_6

東側にあるせり出した玄関部分の屋根にはペディメントが設けられており

28_10_15_7

1階ベランダ部分の格子状になった天井が美しいです。

28_10_15_8

さっそく中に入ってみますが、長くなりますので、続きは次の記事で報告させていただきます。

28_10_15_9

2015年12月 7日 (月)

今年の紅葉いろいろ

今年は気温が高くなったり低くなったりしたことから、カエデの色づきは今イチだったようですが、11月末と先週末に、いつもとは違うところに紅葉を見に行ってきました。

11月末に行った、たつの市にある東山公園では、名残のカエデを楽しみ

27_11_28

龍野公園では思ったよりもキレイな姿を見ることができましたね。

27_11_28_2

人の多い京都は苦手なので、メジャーなところには行かないんですが、同志社大学の建物を見た後に行った京都御所の近くの相国寺で、わずかに残る紅葉をゆっくりと楽しむことができました。(ちょっとだけ覗いた嵐山はラッシュ状態、とても紅葉を楽しめる状態ではありませんでした。)

27_11_29

また、この前の土日に行った三朝温泉では、河原の草が黄色くなり始め

27_12_6

関金温泉の宿から見た山々(遠方には大山が見えます。)では、遅ればせながら錦秋と呼べる状態に色づいています。

27_12_6_2

岡山の足守にある武家屋敷のモミジも美しかったですね。

27_12_5

帰りに見た新宮の山は全面が色づき、光が当たっていれば黄金色に輝く姿を見ることができたのですが、残念ながら曇っておりこんな写真しか撮れませんでした。
11月末に急に気温が下がったため、意外にも例年より山の色づきがいいように思われます。

27_12_6_3

また、至る所で見られるナンテン、今年は特にキレイに感じられましたね。

27_11_10

2015年11月22日 (日)

2015 神戸の紅葉

今日は久しぶりに神戸に行ってきました。
JRで三ノ宮駅から元町駅まで、5時間半かけて楽しんできました。

距離が0.8kmしか離れていないのに、なぜこんなに時間がかかったのか?
列車の事故などがあったわけではなく、不思議に思われるかもしれませんが、実は紅葉を見るために山歩きをしたからでしたcoldsweats01

まずは布引から、いつもは美しい紅葉を見せてくれるのですが・・・

27_11_22_1

ここまでの気温が高かったことから、今年の紅葉は今イチのようですね。

27_11_22_2

市が原の奥、トゥエンティクロス付近の山もこんな感じ

27_11_22_3

森林植物園に着いて、ようやくちゃんとした紅葉を見ることができましたが

27_11_22_4

園内の木々は、まばらに色づいている状態

27_11_22_5

このカエデが一番いい色だったぐらいですが

27_11_22_6

すぐ隣にあったムラサキシキブの方が目立っていましたね。

27_11_22_7

この後、再度公園に行く途中に見かけたイチョウのじゅうたんも見事でした。

27_11_22_8

肝心のカエデはというと・・・

27_11_22_9

再度公園では、結構いい感じになっており

27_11_22_10

なんとか一面の紅葉の写真を撮ることができました。

27_11_22_11

やっぱり、温度が一気に下がり、朝晩の気温が低い状態でないとダメみたいですね。

2015年11月 7日 (土)

兵庫 高砂 高御位山 馬の背

文化の日に行った高御位山の続きです。
百間岩を登り切った先には、鷹の巣山などの2つのピークがあり、適度なアップダウンが続きます。

27_11_3_11

登山道から百間岩を見るとこんな感じ

27_11_3_12

めざす山頂は、まだ遠いですが・・・

27_11_3_13

久しぶりの山登りですし、往復は3~4時間かけて自転車を漕がないといけないので断念

27_11_3_14

馬の背から下山する途中、ハクション大魔王の顔のような形の岩があり、いつもほっとした気分にさせてくれます。

27_11_3_15

急な坂を下りると、なだらかな岩場が続き

27_11_3_16

振り返ってみるとこんな急斜面、転落事故が発生する恐れもありますので、皆さん慎重に降りてはりました。

27_11_3_17

神戸市垂水区にある五色塚古墳の前方部へ向かうような気分になった後、しばらくすると鹿嶋神社に到着

27_11_3_18

自転車での帰りに見た高御位山の岩でゴツゴツした山頂は、次回の宿題とさせていただきます。

27_11_3_19

2015年11月 3日 (火)

兵庫 高砂 高御位山 百間岩

今日はいいお天気でしたね~
ということで、久しぶりに高砂にある高御位山に行ってきました。

27_11_3_1

今回は鹿嶋神社からのルートをとり、高さ26mのチタン製の鳥居を抜けて参道の入り口に

27_11_3_2

紅葉にはまだちょっと早かったですね。

27_11_3_3

境内を抜けたところが、播磨アルプス縦走路に繋がる登山口になっています。

27_11_3_4

登山道に入るとすぐに百間岩と呼ばれる一枚岩の急斜面があり

27_11_3_5

何年か前の火事の跡地がキレイに植林されていました。

27_11_3_6

百間岩を間近に見たところ、播州のエアーズロックといったところでしょうか?

27_11_3_7

滑らないように気を付けながら登りましたが、久しぶりでしたので、ひざや足首がグラグラして力が入りませんでしたね。
↓右奥に見える高御位山頂に、ウルシ科のハゼノキ?の紅葉や

27_11_3_8

ノジギク(リュウノウギクかも?)が映えてキレイでしたね。

27_11_3_9


(次の記事につづく)

2015年10月18日 (日)

福岡 門司港レトロ地区の町並み

昨年末に行った門司港レトロ、駅の近くには門司郵船ビルや

26_12_9

ホームリンガー商会日本支店などの魅力的な建物があります。

26_12_2

岸壁側に向かうと

26_12_3

「ブルーウィングもじ」という歩行者専用の跳ね橋があり、運よく跳ね上がるところを見ることができました。

26_12_4

最上階が門司港レトロ展望台となっている近代的な高層マンションと、歴史的な建築物とのコントラストが面白いですね。

26_12_1

対岸には旧門司税関や

26_12_5

1階が中華料理店となっている国際友好記念図書館などが集まっており、時間を掛けなくてもレトロな雰囲気を楽しむことができます。

26_12_6

ちょっと足を延ばしたところには

26_12_8

旧大連航路上屋や

26_12_10

出征する軍馬用の水飲み場も残っており、歴史を感じることができます。

26_12_11

ブルーウィングもじを渡った対岸からは古い建物が一望できるので、多くの観光客で賑わっていました。

26_12_7

旧大阪商船など内部を公開している建物もありましたので、この後、紹介させていただきます。

2015年10月 7日 (水)

山田錦 もうすぐ収穫です!

秋も深まり、山田錦もそろそろ収穫時期になってきましたね。

27_10

遠目には農家のおっちゃんと間違えそうな案山子が、いい酒になれるよう守ってくれていました。

27_10_2

2015年7月14日 (火)

京都 貴船の川床 H27.6

このところ急に暑くなり、早くも夏バテ気味となってしまいました。
ということで涼しくなる話題をひとつ

昨年に続き、今年も京都貴船の川床に行ってきました。
今回は友人のお誘いで、旅行者の個人旅行プランを利用し、右源太へ

27_6_14_1

JR京都駅から送迎バス付きで、ビールを飲みながら貴船の奥深いところまで

27_6_14_3

川床の入口はこんな感じ

27_6_14_2

浴衣を着た団体の方も来てはりました。

27_6_14_4

座敷の合間には小さな滝もあり、ひんやりとした空気が漂っています。

27_6_14_5

まずはビールで先付をいただき

27_6_14_7

川床には欠かせないアユの塩焼き
添えられているのがタデの葉、噛むとちょっと苦かったですね。

27_6_14_8

天プラなどもありましたが、〆はそうめんです。

27_6_14_9

涼しさを通り越し寒いぐらいでしたので、袢纏をお借りして記念写真
満足した酔っ払い3人、偶然にもグー・チョキ・パーしてました。

27_6_14_6

岸で咲いていた小さな花がキレイでしたね。

27_6_14_10

2015年7月12日 (日)

大阪 箕面 4

箕面駅に戻る途中に箕面山瀧安寺があります。

26_12_31

川の東側にある道場は、中に入ることができませんが

26_12_32

対岸の伽藍は公開されていますので、駅側にある山門から中に入ります。

26_12_33

観音堂はあいにく改修中でしたが

26_12_34

朱塗りの大黒堂に

26_12_35

本堂(弁天堂)はなかなかいい感じでしたね。

26_12_36

大きな石垣の下には

26_12_37

修験道の寺院らしく、毎月7日に行われる護摩供の準備が整っていました。
ちなみに、こちらの寺院が富くじ発祥の地になるそうです。

26_12_38

駅近くの酒店、立ち呑みができるようで賑わっていましたが、今回はパス

26_12_39

駅にある有料の足湯、私は足湯があまり好きではないので、こちらも見学だけで済ませました。

26_12_40

長くなりましたが、以上で昨年の箕面の報告を終わらせていただきます。

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ