神戸

2016年5月 8日 (日)

サントリー ザ・プレミアム・モルツフェスティバル

昨日は日本酒の持ち寄り飲み会の後、神戸ハーバーランド スペースシアターで開催されているサントリー ザ・プレミアム・モルツフェスティバルに行ってみました。

28_5_7_2

5種類のプレミアムモルツが200円~の感謝価格で提供されており、うちサマースペシャル2016が売り切れていたため、まずはマスターズドリーム(350円)から

28_5_7_1

開放的でビアガーデンのような雰囲気の中、適度に立ち席も空いており快適に飲むことができます。

28_5_7_3

おかわりは黒で

28_5_7_5

神戸牛ステーキや小龍包などのフードメニューもあり、行楽や買い物帰りの喉を潤すのにちょうどいいんじゃないでしょうか。

28_5_7_4

神戸での開催は今日まで(13:00~22:00)となっています。
全国各地で開催されていますので、ご興味のある方は次のHPをご覧のうえ、行ってみてくださいね。

サントリー ザ・プレミアム・モルツフェスティバル

2015年12月 2日 (水)

久しぶりの神戸の酒

先週、久しぶりに神戸に行き、長らくご無沙汰していた呑み屋へ
顔を覚えてくれている店主に挨拶をして、いつものように一人で飲み、ゆったりとした時間を過ごさせてもらいました。

<写真はイメージです。>

25_11

途中から多くの客が来て賑やかになりましたが、そんなことには関わることなくマイペースで2合の燗酒をいただき勘定をすませ、「相変わらず、よく流行っていますね。」と声を掛けたところ、店主から「あなたはほかの客を呼んでくれる福の神や」と言われました。

こちらは転勤前に挨拶に行った数少ない店の一つ、まあ愛想で言ってくれているんですが、久しぶりに行った店でそういう応対をしてもらえるのはうれしいものて、この日の酒はいい酒になりました。

<写真はイメージです。>

25_8_1

2015年6月12日 (金)

旧神戸市立生糸検査所&旧国立生糸検査所 2

デザイン・クリエイティブセンター神戸として生まれ変わった旧神戸市立生糸検査所&旧国立生糸検査所
貸ホール・ギャラリー、工房などとともに、生糸検査所ギャラリーが2階にあります。

26_11_11

ボビン型の展示台や

26_11_12

生糸の検査に使われていた、いろいろな機械が展示されていました。

26_11_13

何に使うものかよくわかりませんが、再繰切断機に

26_11_14

繊度検尺器

26_11_15

「ねじり台糸かけ」や

26_11_16

検位衡といった機械ですが、なかなかいい雰囲気です。

26_11_17

その他にも

26_11_18

ボビンに検査用見本

26_11_19

揚返機などもあり

26_11_20

意外に楽しめましたよ。

26_11_21

2015年6月10日 (水)

旧神戸市立生糸検査所&旧国立生糸検査所 1

神戸新港地区、神戸税関の西向いに旧神戸市立生糸検査所の建物があります。

26_11_1

輸出生糸の検査を行う施設として建設され、その後、隣接する国立生糸検査所と合わせ、2008年度まで独立行政法人農林水産消費技術センターの施設として使用されていましたが、2012年8月にデザイン・クリエイティブセンター神戸(通称KIITO)としてリニューアルオープンしたそうです。

26_11_2

その玄関から中に入ると

26_11_8

ロビーはそれほど大きなものではありませんが、ローソクを模った欄干など

26_11_9

大理石をふんだんに使った階段が見事です。

26_11_10

階上に上がり、工房などがあるフロアを散策していると

26_11_22

いい味を出しているエレベーターを見つけました。

26_11_23

南側にも入口があり(右奥にわずかに見える赤レンガの建物が旧国立生糸検査所)

26_11_24

その中から振り返ると、税関の南東側の入口が見えます。
異国情緒を感じる、いい景色ですね。

26_11_3

内部はキレイに改装され

26_11_4

近代的な装飾のある小さなロビーの奥には

26_11_5

昔の検査場所と思われる広い板張りのスペースがありました。

26_11_6

そのスペースのある旧国立生糸検査所の外観

26_11_1_2

ゴシック風の建物、搭屋の窓や飾り柱が素敵でしたね。

26_11_2

このほか、内部には検査用機械などの展示がありましたので、次の記事で紹介させていただきます。

2015年5月30日 (土)

神戸税関

神戸港の町並みの続きです。
皆さんよくご存じの神戸税関は昭和初期の建築ですが、今も利用されている施設

26_11_1

この時は内部には入れませんでしたが、入口が北東の角にあり、塔屋が印象的な外観は素晴らしいですね。

26_11_2

南側の入口も隅に設けられていました。

26_11_3

ちょっとわかり難いですが、両入口上部の壁には「神戸税関」の文字が刻まれています。

26_11_7

東面には、昭和天皇の行幸記念碑も残されていました。

26_11_4

昭和の匂いが残る建物は一時取り壊しの話もありましたが、意匠を継承した新館を増設し、旧館の外観が残されて良かったですね。
なお、↓奥に見えるのが旧神戸市立生糸検査所の建物、後ほど紹介させていただきます。

26_11_6

2015年5月26日 (火)

神戸 旧新港貿易会館

昨年11月、神戸から宮崎カーフェリーで南九州の温泉調査に行ったとき、ファリー乗り場辺りの神戸港の町並みが魅力的だったので、日を改めて写真を撮りに行ってきました。

26_11

まずはこの一角の南東にある旧新港貿易館へ

26_11_1_2

北側の壁面を見ると、日本にいるとは思えないような異国情緒のある建物で

26_11_2_2

ヨーロッパに来ているような気分にさせてくれます。

26_11_4_2

個性的な西面は特に素晴らしく

26_11_3_2

入口と船のような窓の造りが気に入りました。

26_11_5

この一角にはまだまだ素晴らしい建物がありますので、引き続き紹介させていただきます。

2014年11月16日 (日)

神戸 東遊園地 3

東遊園地は毎年、阪神淡路大震災の追悼行事が行われているところ

26_11_10

園内には慰霊と復興のモニュメントが設置されています。

26_11_17

この滝の地下に亡くなった方々の名前を刻んだプレートが掲示されています。

26_11_11

滝の奥側にある地下への入口

26_11_12

北側にも入口があり、こちらはコンクリートの打ちっぱなしで、ともにこの銘板が設置されています。

26_11_13

地下は円形で、天井はカラス張りになっており、水を通した日差しが柔らかく注ぎこんでいます。

26_11_14

壁には氏名が書かれたプレートの横に千羽鶴が飾られていました。

26_11_15

少し離れたところには1・17希望の灯り

26_11_19

あれからもうすぐ20年、いろいろありましたが・・・早いものです。

26_11_16

2014年11月15日 (土)

神戸 東遊園地 2

ちょっと間が空きましたが、神戸の東遊園地の続きです。

神戸市役所の南側にある東遊園地は、名前は遊園地となっていますが乗り物などがあるわけではなく、外国人居留地にあった西洋式運動公園の跡地で、現在では都市公園となっています。

26_11_20

フラワーロード側にあるレリーフ

26_11_21

南側には震災後に建設された高層ビルが建ち並んでいます。

26_11_22

神戸ルミナリエの東側の終点になっており、早くも電飾の設置が始まっていました。

26_11_23

園地の南部分にはレストランがあるほか

26_11_24

西洋式庭園として整備されています。

26_11_25

そして北端にある震災発生時の5時46分を示す時計を持つマリーナ像のほか

26_11_26

近代洋服発祥の地や

26_11_27

日本マラソン発祥の地の碑などが設置されています。

26_11_28

2014年9月 7日 (日)

神戸 南京町の路地めぐり

花隈の後、南京町に立ち寄りました。

26_1_1_2

観光客の多いメインストリートから少し南に下がったところにあるジャズスポットのM&M
1階には昨年惜しまれつつ閉店した、大衆食堂のひさごがあります。

26_1_2_2

そこから東に入ると

26_1_3_2

昔懐かしいビルがありました。

26_1_4_2

米軍向けの店だったのでしょうか、アメリカンスタイルの建物です。

26_1_5_2

そこから北を見たところ

26_1_6_2

さらに東へ行き、振り返るとこんな感じ
メインストリートとは違う素朴な雰囲気がいいですね。

26_1_7_2

南京町広場は春節祭のため、大変な賑わいでした。

26_1_8_2

でも1本南の通りはこんなに静か・・・

26_1_9_2

東の突き当たりには、神戸の立ち呑みの聖地?赤松酒店があります。

26_1_10

たまには、こんな素顔の神戸に触れてみるのもいいのではないでしょうか?

2014年9月 6日 (土)

神戸 モトコーから花隈あたり

ずいぶん前のことになりますが、JR元町駅の西の高架下商店街、通称モトコーから花隈方面に行ってきましたので、少しご紹介させていただきます。

洋菓子の製造販売をしているレンセイ製菓

26_1_1

昭和の香りがプンプンするお店、いつまでも残して欲しいですね。

26_1_2

モトコーにはこうした事務所もたくさんありましたが、今はほとんどなくなってしまいました。
こちらの事務所、現在は使われていないようで、観光看板のように派手な絵が書かれています。

26_1_3

そこから北、花隈公園の北側にある厳島神社
平清盛が福原京の造営時に、平家一門の氏神である安芸の厳島神社から歓請した7つの社のうちのひとつで、花隈から宇治川の河口などを経て、昭和22年にこの地に移されたそうです。

26_1_4

少し西に進むと、ほうち酒店、のんでこ~屋があります。

26_1_5

和菓子の播磨屋
この辺りは、以前には和風の建物の料亭がたくさんあったんですが、今は全てなくなり、昔の雰囲気を感じることができる唯一の建物となってしまいました。

26_4_10

ただ、洋館はまだ健在です。

26_1_6

南側、港方面を見ると、新旧の建物の対比が楽しめます。

26_1_7

こちらの建物、震災でも大きな被害がなかったようで、現在も企業の事務所として利用されています。

26_1_8

北側にも高層ビルが建ち、周りの雰囲気は大きく変わってしまいましたが、この一角だけは以前の面影を残しており、うれしくなりましたね。

26_1_9

より以前の記事一覧

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ