2016年10月10日 (月)

ようやく秋の気配

この三連休、関西地方はようやく涼しさを感じるようになってきました。
ということで、今日は久しぶりに明石駅周辺まで自転車で行ってきましたが、空が秋らしくなってきていたので、少し紹介させていただきます。

ひつじ雲、うろこ雲、いわし雲など、いろいろな呼び名がありますが、どう違うのか、ちょっと調べてみました。

28_10_10_1

いずれも秋の空を代表する雲の種類ですが、大きく2つに区分されるそうですので、簡単に紹介させていただきます。
一つ目のひつじ雲は、空の中間に発生する中層雲に属する高積雲に分類され、少し大きめのこんもりしたような感じのものだそうです。

一方、うろこ雲、いわし雲、さば雲は、空の高いところに発生する巻積雲で、その形状により呼び名が変わるとのこと。
それによれば、↓この雲はうろこ雲  

28_10_10_2

最初の写真の雲は、イワシの群れのように見えるので、いわし雲になるのでしょうか?
私が子供の頃はすべてうろこ雲と呼んでいましたが、それぞれ違うんですね。

28_10_10_3

いずれにしろ空気がキレイでしたので気持ちのいいサイクリングを楽しめ、普段は見えない家島諸島の砕石場跡までよく見えましたね。

28_10_10_4

朝晩は涼しくなったのですが、昼間は気温が高く、今日も汗ばむほどの陽気になりました。
本格的な秋の訪れまでは、もう少しかかるのでしょうか?

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ